【住まいを設計すること】


   私たちの業界では「建築設計は住宅に始まって住宅に終わる」と言われています。
   それは、住宅空間の中には他の建築の空間的要素がすべて入っているからです。

   ですからそれらをきちんと理解出来ていないと、住宅は勿論、他の建築や商業施設、
   都市計画なども含め、ちゃんとした設計は出来ないと言う事です。

   まさに一番身近で一番難解なのが、住宅の設計かも知れません。

   そう言う意味では、設計者の考え方や個性が一番明確に出るのが住宅で、その
   住宅を見ればその設計者が見えてきます。

   私の作る住宅には、俗に言う処の「スタイル」と言うものはありません。
   それは、それぞれ「敷地」や、「諸条件」、生活する「家族」が違い二つと同じ条件は
   無いからで、それぞれに形態が違って当然なのです。

   しかしだからと言って、無秩序で周りへの配慮のない建物は論外です。
   何故なら、それぞれの住宅が集まって街並みを作り出している訳で、そこには
   ルールが必要で、それらを暗黙の了解のもとに果たす事が、建築の設計に携わる
   人間の社会的な責任なのです。

   
その為には基本がしっかり身についていなければなりません。

  
 住宅の設計は「敷地」と「諸条件」をいかに読み解くか、その家族の生活を理解し
   隠れている問題をいかに解決出来るかに掛かっています。
   物理的な問題だけならば話しは簡単ですがそこには、メンタルな問題もあります。
   むしろ、こちらの問題の方が場合によっては大きいように思います。
   
   良い「住まい」とは、「当たり前の形」
   その裏付けられた空間は流行などに左右されない、美しく適度な緊張感と共に
   何年経っても
 新鮮で飽きる事なく、空間も家族と共に成長して行きます。

   住宅を設計すると言う事はその家族の「暮らしをデザイン」すると言う事なのです。

      
 Top

 News

 Profile

Works

 Blog

■ Contact

 Link

業務内容
建築とデザインに関すること

 住宅及び店舗デザイン

 デザインにかかわる企画、総合プロデュース

 インテリアデザイン

 家具デザイン、商品企画開発(i・T・A)

 工務店向けオリジナル住宅企画開発

 3D、CGパース製作

 グラフィクデザイン ( サイン計画、CI、ロゴデザイン、etc )

 Webデザイン
     岩 本  一 也
            KAZUYA IWAMOTO



1955    函館生まれ
1973    I C S にてインテリアデザインを学ぶ
1976    内装業に従事  建築を独学
1985   アトリエ空間工房 DESIGN STUDIO 創立
2005    家具ブランド i・T・A設立
      

news.htmlへのリンク